専業主婦にはもどれない

収入1000万から失業そして500万の生活へ

家計簿9月収支 赤字額約¥90,000

f:id:camellia48:20210930202115j:plain

9月も今日で終わり

主人の契約切れまであと11ヶ月となりました

本気の節約を心に決め

今月でカードなどの清算を済ませました

 

9月の収支

収入:¥271,904

支出:¥361,799      赤字額¥89,895

〜支出内訳〜

食費・日用品など ¥85,968

水道・光熱費   ¥16,590

通信費      ¥28,583

交通・車費    ¥37,490

教育費      ¥92,000

保険       ¥21,384

その他(美容室他)¥19,729

クレジットカード ¥60,055

 

クレジットカードの¥60,000が大きな支出です

これはお盆に主人が帰省したので交通費など諸々をカード決済にしたため

必要な支出でした

 

教育費の毎月¥90,000〜¥100,000の支出は家計的に厳しいのですが

我が家はこれだけは削りません

子供が過ごす時間はお金に変えることはできないと思っています

財政的に中学校が1番厳しい時期でした

高校生になると私立学校就学支援金がもらえます

学費分なのでそれぞれの学校によって違いますが

最高月¥30,000です

ただ、手続き上すぐに学費に反映されず

半年ほどは正規の学費を払うことになります

我が家の教育費は¥90,000〜¥100,000を家計簿に計上し

私立高校就学支援金は子供の口座へ入金し大学準備金としています

 

前の記事にも書きましたが

主人の給与が上がり収入は¥370,000となります

 

でも家計簿上の収入は¥270,000にしておきます

収入が上がっても生活を変えないためにここは頑張りどころです

 

¥270,000から教育費¥100,000を差し引くと

1か月¥170,000で生活しなくていけないのですから

赤字になってもおかしくはありませんね

 

今まではとにかく毎月の赤字額にため息しか出なかったのですが

収入が増え 学費もいただける状況に成ると

1ヶ月¥170,000で生活するぞ!と

家計管理もやる気になります

 

10月からは少しスタイルを変えてみようと思います

日々の収支がわかるような家計簿をつけて

現金残高が一目でわかるようにする予定です

1ヶ月の現金予算額(食費・日用品)は¥50,000

明日からいよいよスタートです