専業主婦にはもどれない

収入1000万から失業そして500万の生活へ

家計赤字 約16万円から3万円台へ

スポンサーリンク

f:id:camellia48:20210228112859j:plain

 

2月のイベント バレンタインもあっという間にすぎ

 

家計簿を記録し続けて

 

約1年がすぎました

 

記すだけの日々ではありましたが

 

意識するようになり 変化があったように思えます

 

まずは 

 

直近3か月の 我が家の家計簿 

      2020年  2021年

 

12月

1月

2月

食費

72,064

57,428

49,354

日用品

8,249

12,119

11,375

光熱費

16,671

18,486

19,435

教育費

70,000

70,000

70,000

通信

49,320

29,049

34,486

交通/車費

39,810

35,810

37,810

保険

21,384

21,384

21,384

クレカ

29,327

27,736

25,351

お小遣い

16,000

16,000

19,000

その他

0

17,402

3,372

支出計

322,825

305,414

291,567

収入

260,000

260,000

260,000

収支

-62,825

-45,414

-31,567

 

 

 

徐々にではありますが

ようやく 

 

赤字額 30,000円台 

 

にまで改善されてきました 

ちなみに 今までの

 

最高赤字額は

 

168,112円です

 

つまり 

 

約130,000円減らしてきたことになります

 

その最高赤字額の月と比較してみましょう

 

 

     2020年   2021年

 

6月

2月

食費

73,945

49,354

日用品

4623

11,375

光熱費

12,015

19,435

教育費

106,000

70,000

通信

37,461

34,486

交通/車費

34,636

37,810

医療/保険

32,374

21,384

クレカ

70,205

25,351

お小遣い

6,000

19,000

その他

50,853

3,372

支出計

428,112

291,567

 

260,000

260,000

収支

-168,112

-45,414

 

①食費が  約¥25,000減

②教育費が 約¥30,000減

③クレカが 約¥45,000減

④その他が 約¥45,000減

 

①食費は意識することで出費が抑えられてきていると思います

例えば 外食をしない コンビニを利用しないなど

 

②教育費はかなり大きいですね

これは

私立高校就学支援(私立高校無償化)のおかげです

 

こちらの詳細に関しては 新たに記事を書きたいと思っています

 

③クレジットカードの明細を見てびっくり!

なんと 

カード年会費が

¥38,500でした

 

これは銀行系プラチナカードを使っているからで

例年 貯まったポイントで年会費に充当していたのですが

カード使用を極力減らしたことによりポイントが足りず

カード払いとなってしまいました

 

今の身分に不相応なステイタスカード.....

 

なので 解約予定です

 

ただ この1ヶ月後にポイントが貯まったので

1年間の年会費に充当しているので

解約は再来年になります

 

④その他 は 私の衣服と下着代他です

一気に買い揃えたので今年は買う必要がないと思います

 

さて

ざっとではありますが

家計を見直してみると

いろんな発見があります

 

年収1000万円時代には

給与として振り込まれる

月約70万円ものお金を

何も考えずに

ただ使い尽くしていたのだなと気づきます

 

もう少し

貯蓄しておくべきだったと

後悔して

時すでに遅しです

 

このコロナ禍の中で

260,000円もの収入があることに

感謝しなくてはなりません

 

今日で2月も終わり

明日から新しい月のはじまりです

 

まずは

赤字0を目指して

楽しみながら 暮らしていこうと思います