専業主婦にはもどれない

収入1000万から失業そして500万の生活へ

②コロナ禍によるストレスの乗り越え方を考える

スポンサーリンク

f:id:camellia48:20210801143734j:plain



コロナの感染拡大が広がる中

在宅勤務の回数も増えてきました

 

私の場合、週に1回程度なのですが

これが意外に辛い

週の中ごろに在宅勤務があると

一旦仕事モードの流れを失い

また翌日から通常勤務に戻ることになります

 

前回 更年期症状の記事を書いたのですが

www.blpearl48.jp

 

考えてみれば この体調不良が始まったのは

今年に入ってから

コロナで自粛生活が始まって1年が過ぎた頃です

 

そして気がついたこと

 

体調不良は 更年期だけの問題ではなく

コロナ禍におけるストレスも原因の一つだということです

 

 シフトで在宅勤務ということは

職場での人員が一人減の状態になります

その結果 

通勤者は在宅勤務者の仕事を現場でカバーしないといけなくなり

日にもよりますが 残業になることもしばしば

 

コロナという病気に対する怖さ

感染しないよう気をつかっての生活

人員減の職場環境

 今は大丈夫ですが

この先 仕事の雇い止めなどが出てくると

将来への経済的不安さえも覆いかぶさってきます

 

このストレスは

私でなくても 人間なら誰しも不安になり

それこそ体調を崩すのに十分な状況といえそうです

 

そこで

このストレスを最小限に抑えることができれば

あの辛い症状(不定愁訴)も緩和されるのではないかという考えに至りました

 

〜※〜※〜 ストレスを軽減するために 〜※〜※〜

 

良質な睡眠をとる

やっぱり睡眠が1番大事だと思います

それもしっかり眠る

私は2つの問題を抱えています

【睡眠時無呼吸症候群】

私の場合軽度で、横向きで眠ることと体重を減らすことを勧められています

【寝こり】

耳慣れないかもしれませんが、肩こり、首こりが辛い私は

この寝こりもあるのです。

本来寝ている時の体はリラックスしているべきです。

私は寝ている時も体が緊張しこわばって力が入っていて

中途覚醒、もしくは朝目覚めると体が筋肉痛になっていることで気づきます

毎日ではありませんが 私は時々この状態で朝を迎え

寝たはずなのに 体のあちこちが痛いということが良くあります

 

良質な睡眠をとるためにできること

 

①夕食は寝る3時間前までに摂る

②食べ過ぎない

③眠る30分前にスマホ・タブレットをOFF

④ストレッチポールに10分程度乗って体の力を抜く

⑤軽いストレッチ

 

※寝付けない夜は迷わず

お薬(エチゾラム・エペリゾン)を服用します。

 

8月から毎日続けていきます

 

途中で起きることなく

朝スッキリと目覚めることができれば

健康への最初の一歩を踏みだせる気がしています